私たちは、昭石化工 タフネスファイン・TOTO ハイドロテクトコート(光触媒)のエキスパートです!

 HOME     新着情報     業務案内     住宅の塗り替え     会社案内     お問い合わせ

大切なお住まいを長期間にわたって美しく保ち、紫外線や風雨による腐食や老朽から守るには定期的な屋根・外壁の塗装がとても重要です。建物の外壁・屋根の塗装には建物の見栄えをよくする『美観』という意味以外に、もうひとつ建物の『保護』というとても大切な役割があります。しかし、塗装は一度塗ればいつまでもその性能を維持できるものではなく、経年劣化という宿命を抱えている為にどうしても寿命というものがあります。耐久年数を過ぎ、傷みがひどくなってからでは、塗装だけでは済まなくなり、修繕費が高額になってしまいます。その為にも定期的なメンテナンス(塗り替え)が必要になります。




環境や塗ってある塗料によって変わってきますが、住まいの 外壁は約7年~10年が塗り替えの目安です。

外壁塗装はどんな塗料を使うかと言うのもとても重要になってきます。光触媒やフッ素系などは長持ちしますがコスト面で少し割高になります。どのような塗料をどのように施工するか、お客様のお住まいに最適な方法を塗装のプロが提案させて頂きます。

塗料の種類
塗料の種類 写真
ただし、塗料だけを高価な物にしてもそれがすなわち、良い・長持ちする塗装とはいえません。適切な下処理・洗浄、下塗りという工程を経なければ長持ちする良い施工とはいえないのです。表面に出ない部分なので手抜きの行われ易い工程ですが、当社ではベテランの職人が責任をもって納得できるまで作業しています。


※参考:塗料の種類と耐久性
名称 特徴 耐久性の目安
アクリル すべての塗料の基本材料となるものです。 燃焼性は木材とほぼ同程度で、燃焼速度は遅いですが高温では変形する性質があります。 価格が安いので、短いサイクルで色を変えて楽しみたいといったお客様には最適です。 5~7年程度
ウレタン 塗膜の保持力を高めるために、アクリルをベースにウレタン樹脂を配合したものです。 アクリルよりも耐候性・耐久性に優れ、且つ汚れにくい特徴があります。身近なところでは車の塗料にも使われています。 10~12年程度
シリコン シリコンの分子構造の特徴として、高い撥水性があり紫外線にも強いことから高い耐候性を持ちます。 シリコンは透湿性に富む塗装の膜を形成し、塗装膜の膨れやはがれ、建物の内部結露を防止する塗料です。ウレタンよりも耐久性が高くなります。(オプションでより耐候性の高いシリコンクリアコートを塗る事もできます) 12~15年程
フッ素 フッ素樹脂によって、シリコンよりも高い耐候性・耐久性を持ちます。 耐用年数は15~20年です。もともと、簡単には塗り替えをできないビル等の建築物用に開発された塗料です。 高い耐久性を持ちますが、シリコンに比べ、汚れやカビに若干弱いのが特徴です。ただし、水洗いで汚れは簡単に落とせます。またツヤ消しが可能なため、高級感のある落ち着いた意匠を行うことができます。(オプションでより耐候性の高いフッ素クリアコートを塗る事もできます) 15~18年程度
光触媒 光(紫外線)が塗膜にあたることにより、「セルフクリーニング効果(防汚効果)」と「空気浄化効果」などが発揮される塗料です。外壁の防汚や防カビ、防藻機能だけでなく、空気浄化機能もあるため、建物の周りの空気までキレイになります。当社ではTOTOのハイドロテクトコートを使用しております。(TOTOの10年間の保証書)※ 20年








住宅の塗り替えは新築工事と違い1件1件状況が違います。ゆえに適切な対応が要求されます。問題点を詳細に把握し、また将来的に問題になり得る部位なども的確に判断することが重要な調査目的となります。 調査、診断を的確に行うには経験豊かなプロに依頼することが必要です。信頼出来る塗装業者を選ぶことで、あなたの大切な家を長期間維持し次の塗替えまでの時期を延ばすことが出来るのです。長い目で見ればそのほうが経済的にもお得です。

メールや電話で、まずは相談下さい。 現状調査を行わせていただき、お見積もり・塗料の種類・施工方法等を提案させていただきます。



  1. 準備
    工事着手前に近隣の方へ御挨拶と共に工事工程表を配布。
    工事へのご理解を頂けるよう努める。

  2. 足場の設置
    安全な作業が行え、かつ台風や強風時でも飛ばされない安全な足場を設置します。 足場を組み終わった後は周りに塗料などの飛散や影響が出ないように養生ネットを張ります。

  3. 下処理・洗浄
    埃が乗ったままや、表面が粉化している上に塗料をのせてもその塗装は長持ちしません。適切に下処理・洗浄を行うことで長持ちする良い塗装ができるのです。

  4. 養生・シーリング打ち替え/打ち増し
    窓など汚してはいけないところをビニール等で覆います。 また「シーリング」など劣化してひび割れている状態なら外して新しくシーリングを打ちます。 ひび割れの上からコーキングを打ってもまたすぐひび割れますので、必ず打ち替えます。

  5. 下塗り
    上塗りを塗ってしまえば隠れてしまい見えないところですが、本塗りの塗料をしっかり定着させる為には必須の作業です。その外壁の種類や傷み具合を見て、適切な下地剤を選ぶことも必要になってきます。

  6. 中塗り・上塗り(オプションによりクリアコート)
    通常、中塗りと仕上げ塗りは同じ塗料で行います。 お客様から見れば、1回塗りも3回塗りも違いがわかりません。ですのでお客様の立場から言えば、最も手を抜かれやすい作業ともいえます。

  7. 最終チェック・足場解体
    足場を外す前に塗り残しなどがないか細かくチェックします。塗り残しなどが有る場合は再度塗り直し作業を行います。

  8. 完成
    施工時に破損・汚損したものがないか確認し、発見した場合には現状復旧した上でお引き渡し致します。


外壁・屋根などお住まいの塗装に関するご質問・御見積依頼などありましたら、こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。




有限会社 アクト 静岡県知事許可(般)第29398号 平成4年(1992年)〒433-8121静岡県浜松市中区萩丘1-3-16 Tel 053-475-8875 Fax 053-475-8876