NEWS

新着情報

2012年12月26日

クロス貼り作業とFA-6の効果

クロス貼り作業は今日が今年最後。明日からは年末工事(休み中出ないと出来ない所)です。

どんどん貼っています。

クロスは約75%程貼れたところでしょうか?後は年明けです。

このクロスを貼る作業は技術と根気のいる作業なのですが、

意外な比較を出来る所を発見!

最近(1年以内)別業者が会社側に売り込んでテスト施工をしたであろう所です。

既に剥離を起こしています。

塗料が悪いとは言いませんが、相手が(塗る場所が)悪い?すぐ下地から剥離してました。色などは大して退色はしていないので、施工は最近だと思います。

一方、8年経過したFA-6です。塗膜の退色というか経年変化はありますが、全然剥離などはしておりません。

やる側としては、もう少し痛んでくれて トップコートの塗替位はお勧めしたいのですが、とてもじゃないですが無理強い出来ない位の状況です。

ジレンマですね (^_^)

でも、長期耐候性 と言うことで発注して頂いてるのますし、次に計画し実行する所も、顧客側から全てFA-6という指定で来るのはこの工法が間違いないことを証明して頂いているんだと、確信する次第です。そして、来年から主材のグレードアップもはかられ、機能もアップする事でしょう。




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.