NEWS

新着情報

2013年3月26日

いよいよ仕上げ

中塗りも終了して

中塗り重要です!

トップコートが始まります。ダメ込みという塗り残しやすい所をあらかじめ塗り込んでおく事です。建築でダメが出たと言うと、直すヶ所が出た事を言いますので、直さなくても良いように塗料を塗り込んでおきます。

その後ローラーで平らな部分を塗り込んでゆきます。

上塗りを終えた場所です。左側にシルバーの薄くなった部分がありますが、この部分はクロスを貼らずに主材だけ2回塗って、実に20年たった所なんです。

基本的な材料の質が高いので、これだけ耐久性が有るのです。これが20年経過した屋根だと思えますか?少し美容系の怪しい宣伝文句になってしまいましたが、事実なのです。

下地の条件が適当であれば、20年経過してもこんな感じです。材料の技術的な内容も高いのですが、材料という基本的な考え方が、塗料メーカーの消費という概念と違う考え方での材料開発のプロセスが、高耐久性につながっているんです。

クロスを入れた工法で一度やってしまうと、普通の周期的に行っている塗装に比べトップコートのメンテの仕事もなかなか来ないのが、少し悩みです(^_^; 重量などの耐震性の問題でカバー工法を断念している屋根にはうってつけの工法です。




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.