NEWS

新着情報

2015年2月27日

ALCパネルの補修&シール2

後日、実際に爆裂ぶっぶんの補修とシールの打ち込みです。最低でも雨前に済ませたい工程です。

爆裂補修は先日紹介したプライマーと補修用特殊セメントで補修

IMG_2736

IMG_2730

 

シールの打ち込みです。今回は完全撤去して目地が大きく深くなったので材料を予想以上に使いました。

IMG_2747

1424925562855

1424925570818

ヘラで押さえ込みながら慣らしてゆきます。専門外の人は知らない方が多いので、打ちっ放しで良いと思いそのままにしている場合が多く見られます。押さえが無いとシールは完全に防水効果が無いんです。

1424925558184

 

打ちっ放しの部分です。シールを打ちっ放しの部分は隙間が埋まり切らない隙間が有るのがわかります。

IMG_2748

押さえ込むことで隙間が埋まってシール効果が出たのがわかりやすい画像です。

IMG_2749

窓周りも同様です。

IMG_2750

もう一点、マスキングテープは主に美観性能を高めるために主に貼るのですが、必ずしも、必要ではありませんが、汚してはいけない部分やヘラではみ出た余分なシール材を除去するのには重要な作業です。

 

この部分は面台(サッシ下場と水切の間)なのでシール材が露出しますので変性シリコンを打ち込みました。(変性シリコン用のプライマーを塗布しております)

1424925550714

 

マスキングテープの必要性のわかりやすい画像です。

 

1424925567430

 

面台部分の変性シリコン打設後です。(グレーの部分)

 

IMG_2754

 

水切下場も打ち直しています。(ピンぼけですが)

IMG_2763

 

元々はこんなに痛んでいましたが、完全撤去後にシールを打ち直して

IMG_2760

 

こんなに成りました!

IMG_2758

全体的にはこんな感じで!

IMG_2757

金物との取合部分も打ち替えてます。

IMG_2759

窓周りはこんな感じ

IMG_2755

雨降りにも間に合って良かったです。さてこれからALCパネルの塗装

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.