NEWS

新着情報

2015年7月17日

排水マスの内部 防水処理

施工の目的

比較的大きな面積の陸屋根の防水を数年前に施工させて頂き、最近雨漏りが発生して居たことから天井裏に潜り込んでの調査の結果、ドレインのボックス周りに著しい漏水が見られた。当初このボックスはステンレス製で塩ビの125ドレインがつながれていた。機能上は漏れる要素は無いのだが、原因の完全排除一つとしてボックス内の塗膜防水にあわせ改修ドレインを入れる事にした。

塗膜防水材料 ダイフレックス塗膜防水(ウレタン塗膜防水)

IMG_3462

樋内部に改修ドレイン100を埋め込むように塗付

IMG_3464

 

端部は塗付前に2液のポリウレタンシールを硬化促進剤を入れ充填

IMG_3463

端部解り辛いですけど、塗膜防水塗付前に充填しております。

IMG_3466

600㎜のホースで安全域までバイパスをした、改修ドレインの挿入状況

IMG_3465

この後硬化を待って中塗りをして、トップコートを後日ですが、効果としてはこの状態で原因の排除の確認は出来るはずです。




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.