NEWS

新着情報

2011年6月16日

フッ素樹脂塗料

現在進行中の木部軒裏、2液強溶剤フッ素樹脂塗料での塗替です。

現状の木部の状態は黒ずんで、チョーキングが起きてきてます。

メーカーに問い合わせそのまま塗り重ね可能という事で、強溶剤のフッ素樹脂系塗料を塗り重ねます。(ケレン下地処理はしますが)

色の付いた樹脂を塗りおえた状態です。

全体的に見るとこんな感じ、非常に塗料の隠ぺい力が強く工業製品のような仕上がりになります。

最近出回っている、ちょっと?のセールスしやすい為に訪問販売の方が勧めやすい価格設定にしているフッ素入り塗料とは、全然塗膜の強度と仕上がり感が違います。

さらに、そのフッ素の上に、今回はフッ素系のクリアーを塗付します。

在庫で缶は汚いけれど、旭硝子コートアンドレジン フッ素樹脂系ボンフロンAC クリアー これも2液反応硬化型で強固な塗膜です。

いわゆる在庫品ですが、品質は折り紙付き

色は琥珀色?飴色ですが、もちろん塗ればクリアーそのものです。

これを塗ると、写真では解らないですが、変わります。

照りというか、深みが出ます。ちょっと艶があるのが解るでしょうか?(艶の度合い調整もクリアで調整出来ます)

しかし、効果的にはフッ素の高耐久を主眼に置いて施工してます。

細かな部分は刷毛で入れてます。

ここまで手を入れると強固なフッ素の塗膜&フッ素樹脂クリアーの耐久性と、美観性

高機能性・高美観性と恐い物無し。

経年劣化(耐久性はは非常に長期間維持しますが)の時のチョーキングがしにくいメリットもあります。(最表層がクリアーなので艶が無くなっていく劣化の感じ)

光触媒とは違った角度ですが、高機能塗装の現場塗りでは、材料も工程も最高のグレードの部類に入ります。

まだ、継続中の現場なので、追ってブログにアップします。




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.