NEWS

新着情報

2016年12月8日

ALC建築物の防水・塗装 2

ALCの目地のシールと欠損爆裂の補修を施工し乾燥させて塗装の工程に移ります。

まず、下地の微弾性のアンダーフィーラー弾性エクセルを塗付します。ALCは塗装の状態が悪いと水を含みやすい建材なので、下地の処理にはより膜の張る弾性塗材が適しております。

img_5141-1

 

ローラーで均一に塗ります。

img_5140

 

乾燥した状態です。

img_5139

 

この工程に先だって、鉄部にエポキシ系の錆止を塗って、後工程の材料で汚れないように窓と一緒に養生します。

img_5135

 

そして、次の中塗の工程に移ります。

中塗の材料は、2液弱溶剤型ウレタン樹脂塗料を使います。特臭いやその他指定が無い限りは、どの樹脂でもあれば2液の弱溶剤の方が物質的にすぐれた点が有るので、これを努めて使用する事を標準にしております。(1液や水性もあります)

img_5142

この工程を2回行います。基本的に鋼製建具も同じ材料で仕上げます。

img_5147

 

2回目です。

kimg1037

 

鋼製建具2回目です。

kimg1040

 

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.