NEWS

新着情報

2011年7月15日

塩ビ防水機械固定式アンカー引き抜き試験

この度受注した、塩化ビニールの機械固定式(絶縁工法)というアンカーで固定する工法のビスの引き抜き試験を行いました。

この旧防水壮の穴はやはり機械固定のアンカーの跡ですが、古い工法は穴を空けパッチで塞いでました。

当然穴の補修のシール部分の劣化が早いです。

今はアンカーに鉄の円盤状のプレートを同時に打ち込み、熱接着させる事でシームレスな防水層を実現しています。

試験の方ですが、

あらかじめ、このようなアンカーを打ち込み後日引き抜き強度を測って、ビスのサイズなどを決めていくものです。

下地がALCの為、2液エポキシボンドで固定します。

試験ヶ所に振動ドリルで寸法通りに穴を空けます。

プラスチック製のアンカーとステンレスのビスを打ち込む前にボンドを穴に流し込みます。

アンカーを打ち込みビスを締め付けます。

ビス部分にシールし簡易的な雨養生をします。

24時間以上のオープンタイムを経て引き抜き試験に挑みます。

 

引き抜く為の試験機材です。これにビスを引っかけ引っ張ります。

概ね2.7Knの値がでれば良しです。

4地点ほぼその値付近だったので良いところです。

後は、データを元にメーカーでアンカーの本数などを決めて行き施工と成ります。

機械固定式の防水ではこの手の試験を事前に行い施工にあたります。面倒な事ですが、非常に大切な事です。

 

後日、試験結果の報告書が届きデータ全て基準の200%以上だった事で、色々根拠となる計算式が載ってはおりましたが、簡単揖言うと問題無しとの結果が届きました。

 

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.