NEWS

新着情報

2017年7月12日

屋根のエプロン面戸のシール

施主側から屋根の塗装を施工に先立ち、雨漏りの処理と言う事でエプロン面戸のシールの依頼を受けました。

比較的緩い勾配の折版屋根で強風などで水上に逆流してしまう事は有るのですが、その際棟の下に隠れているの水止め面戸のシールが不良だったり、経年劣化で機能を果たしていなかったりで、棟付近からの雨漏りが意外に多いのは良く見受けられます。

根本的に対処するには、棟を取って水止め面戸のシールを打ち直すのが正攻法です。しかし、現実的に実現するのはコストが掛かる。

そこで安易にその手前のエプロン面戸をシールして閉じてしまうと、二次的な雨漏りが起きる可能性があります。棟の部分から入った雨水が排出出来ないで、水止面戸の不良からより一層雨漏りが多くなると言う悪循環が良くあります。

ここをエプロンを閉めてしまうのであれば

IMG_6311

上も開いていたので鏡で移して確実にシールしました。

IMG_6310

ここまでやったら、棟からの漏水を防止する処置をしなければ大変なことになります。

IMG_6309

本当はやってはいけないシールなのですがと言う注釈付きのシールです。

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.