NEWS

新着情報

2018年4月23日

ルーフガード工法 19年目メンテ

19年目に入ったRG工法を施工した屋根のメンテです。

普通の屋根塗装ならば19年放置したら見られない状況に成っていると思いますが、一見身は本当に何も異常無しです。昭和シェル石油(株)製造のアルミペイントの高耐候性が立証されている一例にも成ります。

(現在製造販売は子会社の昭石化工に移管されております)

近くで見るとそろそろですが、施工後19年でそろそろというのは他の工法で10年位でかなり痛むことを考えると脅威です。(脅威というのは塗装屋さんの次の仕事が無くなるという事で)

近くで見ると少しほころびが

お決まりの高圧洗浄をしてから施工に入ります。

今回は、痛んできた部分に補修(エポキシ錆止・タフネスファイン)して

以前はFLコートAR52を下地材で使っていましたが、今はより高品質なタフネスファインに変わっております。

タフネスファインで、しっかりシールできてます。

アルミペイントを塗ります。

このアルミペイントは、アスファルトが高い割合で含有されているので、ガルバリウム鋼板の保証期間にも匹敵するような高耐候性な上に錆などがあまりなければ、プライマーなどの必要性は低いので次のメンテではコスト低くなります。長い期間で考えると低コストとなります。

右隅の逃げの部分を塗って完成です。

完了です。

 

 

 

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.