NEWS

新着情報

2011年8月5日

リベットルーフ SGM その2

細かなところで、手を入れてます。という事で、無責任施工?の例 既存の防水の出角の処理です。

古い工法以前で、張れば良いという処理で、仕舞が不十分漏です。漏水の危険は大でした。

しかし、こういう役物の材料が有ります。

少し手を掛け、これを使う事だけで仕舞が良くなります。見た目も良いですね!美しい

安易なコストダウンは、事前の入念な調査を省いてしまったり、仕舞の仕方を横着に処理したり出来るので、禁物という例です。

そういう意味で責任施工という事なんです。

もう一つの例でドレン内部の仕舞も同様です。既存は貼りっぱなしで非常に危険な仕上でした。

既存の出角も、入り墨も、貼りっぱなしの無処理に等しかったのです。まともでは、考えられない施工です。

そこで今回もこの役物の部材!この状態は出角ですが、ひっくり返すと入角に成ります。2種類有りますが、適材適所使い分けてます。

金物で角と端末を融着出来る用に組み入れ少し浮かしてシートを貼ります。

貼り終えたところがこれです。出角入角に前出の写真の役物を融着します。上が片方が大きく円形になっている物。下が普通の角の役物です。

こういうシートの突き合わせ部分にも活躍します。出角部分

縦抜きのドレイン部分は穴を空け、このドレインの役物使います。

やはり塩ビの同材なのでヒートガンで融着させます。

接着面も大きく長い筒状の役物もシートと一体化させますので、漏水しやすい部分も完璧です。

何か特別な事をやっているように書きましたが、この施工は当然の工程であり普通の事なのです。

無理な値段だけを追求したコストダウンなどを安易にしてしまうと、それなりの仕上になるという点を説明したかったのですが、

基準のレベルに達している防水の職人ならば、皆こういう仕上方の知識や技術は当然持っていると思いますので、充分話し合って工事を進める事をお奨めします。

 

 

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.