NEWS

新着情報

2011年8月13日

責任の重い資格

ある役所管轄の既存の建物の設計図書に(結構大規模な物)主任技術者の欄に 「一級建築士または一級建築施工管理技士」と記されていた。講習さえ受ければ3000万円以上の工事に必要な監理技術者の受講も無条件で受けられます。

私の持っている資格「1級建築施工管理技士」という国土交通大臣(私の時は建設大臣)が証明する1級国家資格

改めて責任の重い資格なのだと認識。

しかし、この国家資格 我々の業界(塗装・防水業界)では2級建築施工管理技士のその中でも(仕上げ)という細分化された分野の資格でさえ有れば充分過ぎる資格、建築工事ならば殆ど全て主任技術者に成る事ができる、その上の1級は実務的には必要無いのかもしれない。しかし、あえて1級建築施工管理技士という資格に挑戦したのは、自分のプライドとしてさらに上を目指した証でもある。

もう一つ付け加えると、受験に挑むにあたって、受験料と交通費のみの完全独学で、受験一年目に合格しました。自分の能力や時間、色々考えると奇跡に近い・・・・

 

下の写真は実際の図面




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.