NEWS

新着情報

2012年4月3日

年度末 最後?

某輸送機器の工場内レイアウトチェンジの為の塗床の改修工事をしました。

全体的に機械が据えたあったりで、アンカーの穴や不陸や下地の劣化など多種多様な悪い下地の集合体の様でした。

部分的には、ラインナックスの研磨機を掛けたり、穴をパテやモルタルで埋めたりで下地作りを慎重に進めました。

研磨機で削ると、少々の不陸や付着物などを除去し平らにします。

その後、サンディングという意味でポリッシャーの回る部分にサウンドペーパーを挟みサンダー掛けします。

決して、ワックスを塗っているのではありません。

その後、2液のエポキシ系溶剤型プライマーを塗付します。

その後パテなどで不陸や穴などを直して、2液エポキシ厚膜アンダー材をを硅砂やダレ止めのパウダーを適量に混合した材料でコテ塗りします。

この時点で下地が出来てないと上塗りに影響が出てしまいますので、念入りに中塗りをしてゆきます。0.8〜1㎏/㎡程

一日目の作業はここで終了です。

15時間のオープンタイム後(翌日ですね)ポリッシャーでのサンディングと、パテを拾った後上塗り作業になります。

使う材料は、指定色に調色した2液のエポキシ厚膜塗料で塗付量でこてぬりします。0.8〜1㎏/㎡程

コテで材料を塗ると言うより、下地が出来ているので広げる、置いていくという表現が当てはまります。

そして、仕上がりました。

水を湛えたような、床面になりました。何を置いても、下地の作り込みが表面の仕上がりに影響します。

 

 

 




有限会社 アクト
静岡県知事許可(般) 第29398号 平成4年(1992年)

〒433-8121 静岡県浜松市中区萩丘1-3-16
Tel 053-475-8875 : Fax 053-475-8876
建築塗装工事・建築防水工事・建築吹付工事・防カビエ事・塗床工事の事は浜松市の(有)アクトへ
Copyright (C) 2011 ACT Corporation. All rights reserved.